お客様から頂きました、繊月酒造の『無言』!

20180204-150055.jpg

  繊月酒造の樫樽貯蔵酒は、手間のかかる新樽から貯蔵をはじめます。
  洋酒に使用した中古の樽などは一切使わず、
  繊月焼酎の旨みと、樫樽からにじみ出る本来の味わいが一体となった
  混じりけのない、樫樽貯蔵を追求した高い評価を得ている逸品です。

  一般商品として、6年もの長い年月をかけ熟成させた「たる繊月」を商品化
  しておりますが、
  「無言」は、さらに熟成を加え10~20年の貯蔵のものしか使わないという
  こだわりの長期熟成・樫樽貯蔵酒です。

  10年以上の年月を費やして丁寧に造るものなので、
  あまり一般流通はしておらず、繊月酒造の焼酎蔵にお越しになった方に
  お分けするという商品ですので、わざわざ遠方から来られる方や、
  全国からのお問合せもとても多い逸品です。  

  ちなみに、「無言」の名前の由来は、
  「一口味わうと、その余韻の素晴らしさに”無言”になる」というほど
  馥郁たる香りと、口に広がる丸みを帯びたまろやかさから名付けられました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。